« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

「One Voice」観劇感想、を書こうとした話

バウ公演One Voiceを観劇しました。
チケ難すぎる貴重な公演を、幸せな事に観ることが出来ました…しかも初日…。
なんならまだ観劇予定ある…。
本当にごめんなさいでも幸せです生まれてきてよかったお父さんお母さんありがとう。
内容も素晴らしすぎてあの空間に居られたことが幸せすぎて
「あ、私きっと死ぬんだわ…」と思う瞬間が何度もありました。
桜華まで、11/20までは死んじゃいけないのに、キャントストップ昇天でした。
ぼちぼち感想を綴ります。


初日。いや、初日前夜から言わせて。
徹夜続きだったのに全然眠れなかった。
遠足の前の夜ってやつですね。
ところで私遠足の前は眠れないタイプ小学生でした、ネガティブな方面に。
嫌すぎて眠れなかった。なぜなら遠足は長距離歩くからデブにはきついし、
小学生の時からコミュ障で、だから友達も少なくて、
お昼のお弁当誰と食べようとか、かわいそうな悩みが発生するし、
一人になっちゃったらすかさず先生が「誰か、まさちかさん仲間に入れてあげてー」
「あ、○○さんのところまさちかさん入れてあげて?いい?」っていらん事してくれるし、
あれほとんど晒し上げだよね。
仲良くもないグループに混ぜられて、小学生なりの気遣いとか愛想笑いとかもらって、
本当今すぐこの草むらを這う蟻になってしまいたいって思うよね。
もう弁当早食いして一人で真っ先にアスレチックに走っていって、
早く遊びたかったやんちゃな子のフリして延々滑り台したり、高さの違う棒の上を渡り歩くしかないよね。
あれ、なんか、話大きく逸れたね☆なんか、ひいてるね?☆

まあとにかく初日前夜どれくれらい眠れなかったかっていうと深夜に洗濯機2回まわして、
両隣と下の階の人ごめんなさいだったし、
溜め込んでた切手のコレクションをちょっと整理したくらい眠れなかった。
スタンディング的なイベント?が発生すると噂に聞いてたし、
そういうの慣れてないヅカヲタなんで「夏フェス 動きやすい コーデ」とかぐぐってた。
夏フェスに行く一般的なリア充くらい意気込んでた。夏フェス行ったことないけど。

でもこれは間違いなく私の2016夏のフェスティバル。

私のフェスティバルの現場は新潟県湯沢町苗場スキー場でも、
QVCマリンフィールド&幕張メッセでもない。

兵庫県宝塚市の宝塚バウホールだ。
ぐぐらなくてもコピペしなくてもすらすらと正式名称が言える、慣れ親しんだあの場所だ。

あまり寝ないまま迎えた初日の朝は非常にすっきりと目が覚めて、また洗濯した。洗濯フェス。
どんだけ洗濯物溜めてたのかは察してください。
夜バス明けのみちクラ友達が家に来る予定だったので、
ピンポンを目覚まし代わりに起きればいいやと思ったのに全然一時間前に起きた。
こんな「短時間睡眠なのに朝すっきり」を仕事ある日も実現出来たらすごく効率のいい生き方が出来るのにと思いました。
朝昼ご飯を食べようと早めに家を出たのですが、
夏フェスを一応意識して決めた服は思いのほか通気性が悪くて、
暑い日だったので股汗と脇汗ノンストップだったけど私の服の下の汁フェス事情はどうでもいい。

キャトルにペンライトとプログラムを買いに行ったらレジで申し出るスタイルで、
「あの、ワンボイs」って言い切らないうちに、
レジのお姉さんが食い気味で「はい」と頷いた満面の笑みが今も忘れられない。
皆まで言うなというあの頼もしい笑顔と頷き。
ですよねですよねー。今日そんな人ばっかりですよねー。
友達と飯くったりアイス食ったり、
劇場で岡田先生を見かけて遠くから「ありがとう」って念じたりして、
開場までの時間を過ごしました。

あ!また大きく話逸れるけど聞いて!
偶然会ったヅカ友と立ち話の内容なんだけど、これは全ヅカファンに届けなきゃと思って。
演目が発表されると当たり前だけど脚本演出も発表されるじゃないですか。
それで「あ、○○君か…」とか「☆☆先生キター!!」とか、「うわっ…大介、働きすぎ…?」とか、
観る前からすごく先入観が入あったり、駄作っぽいとか言われてしまうのはかわいそうだよねって。

だから思ったんだけど、毎公演中日を過ぎるまで演出家を伏せておいて、
予想してもらうっていう企画どうかなって。
初日から中日までの間演出家を予想してはがきとかサイトから応募して、
正解発表見てわーきゃー言いたい。発表はタカラヅカニュースでやるといい。
正解した人の中から抽選で何名様に何かをプレゼント!的な。
いわゆる「演出家は誰だ!?」ですよ。
オリジナル演目の初日とかわくわくが止まらないんじゃないかなって。
今から見る作品は一体演出家誰なんだろう?って。

もうさ、そうなると絶対演出家の中にはイタズラ心が芽生えて、
正解させまいと、やったこともない作風で攻めて来る人いるんじゃないかな!?

誰も殺さない谷先生とか、

キムシンなのに歌詞が複雑とか、

「うん」を言わないヒロインのハリーとか、

現代社会が抱える様々な問題と下ネタに全く興味のない昌也とか、

イケコなのに二本立てとか、

いっそイケコがバウでオリジナルとか、

一本物大作ミュージカルだからイケコかと思ったら誰も知らない若手のデビュー作とか、

「黒い太陽っていうから大介だと思ったのにサイト―だったwwwwやられたwwww」とか

観たい。そんなん観たいに決まってる。
いくらでもアイディアが出てくる。
天才現れた、それは私、これ劇団に提案しよう。

そして数日経った今ならわかる。
寝不足状態で迎える期待しかない公演の初日のテンションは人をバカにする。


では今日はこの辺で。あれ!?OneVoiceの感想一個も書いてないね!
今慌ててタイトル変えたよ!
続きは今度!



スポンサーサイト
宝塚(未分類) | CM(0) | TB(0) 2016.07.09(Sat) 20:57
copyright © Mの壺 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。